寄付のお願い

マザーレイクフォーラムでは、多様な主体をつなぎ、県民の理解と協力の輪を広げ、みんなの力でびわ湖の総合保全を進めていける社会を築く活動を継続的に行っていくための原資として、企業・団体・個人の皆様からの寄付金を随時募集しています。

1口1,000円で、一度に何口でもご寄付いただけます。

 

寄付の用途

いただいた寄付金は、マザーレイクフォーラムが実施する以下の活動に活用します。

  1. 企業とNPOなど、異なるセクター同士の効果的な連携・協働を進めるための支援活動
  2. びわ湖流域の保全活動への県民の理解と協力を促進するための啓発活動

 

寄付金を活用した活動実績

実施時期 区分 事業名 実績概要 報告等
2016/
6/10
連携促進活動 「滋賀の企業の環境貢献活動 はじめの一歩セミナー」の開催

マザーレイクフォーラム・地域連携WGにて、企業とNPOや地域住民組織とが連携したびわ湖流域の環境貢献活動がもっと積極的に展開されるためには何が必要かを繰り返し話し合い、まずは、「企業」の経営者やCSR担当差yの皆さんに寄り添ったサポートやコーディネート等の支援が必要、との結論に至りました。

この取組の第一段階として、「滋賀の企業の環境貢献活動 はじめの一歩セミナー」を、滋賀グリーン購入ネットワークさんとの共催で開催しました。

・開催日:2016年6月10日
・会場:市民交流プラザ
・参加者数:71名
・チラシURL: http://shigagpn.gr.jp/katudo/16/160610CSRsemi.pdf

今回のセミナーの参加者からいただいた様々な意見や情報を集約して、次の段階として、具体的に連携コーディネートを試みていくためのモデルケースづくりを検討しています。

2016/
8/20
広報啓発活動 「マザーレイクフォーラム」公式パンフレットの制作 これまで、マザーレイクフォーラムについてイチから伝えるための紙媒体のツールがありませんでした。
伝えたい相手にいつでもその場で渡せ、それを見てもらいながらマザーレイクフォーラムの理念・思い・しくみ・活動内容などを紹介できる公式パンフレットをデザイン・制作・印刷しました。
マザーレイクフォーラムの紹介のみならず、びわ湖流域の保全活動に関わっておられる方々・関心のある方々をつないだり、より多くの県民や下流住民の皆さんにびわ湖のことに関心をもっていただくためのきっかけづくりにも活用していきます。
(2016年8月初版発行、11月改定・増刷 合計2,500部)

マザーレイクフォーラム公式パンフレット
公式パンフを見る
 

 

これまでにご寄付いただいた企業・団体の皆様

寄付金受領式の写真
ご寄付いただいた皆様は、このページにて紹介させていただくほか、「びわコミ会議」の「寄付金受領式」でもご紹介させていただきます。

【平成26年度】

  • びわ湖100kmチャリティーウォーク実行委員会様

【平成27年度】

  • びわカンゴルフコンペ様
  • びわ湖100kmチャリティーウォーク実行委員会様

【平成28年度】

  • Flower Produce ichica様
  • びわカンゴルフコンペ様
  • びわ湖100kmチャリティーウォーク実行委員会様

 

寄付金収支報告(※準備中)

これまでの寄付金受領総額  1,701,107円(2017年3月1日現在/小口賛助金・預金利息・LINEスタンプ収益金を含む)

  • 平成26年度 収支予算書  収支報告書
  • 平成27年度 収支予算書  収支報告書
  • 平成28年度 収支予算書  収支報告書

 

寄付の方法

まずは、一度事務局(このページの末尾を参照)までご連絡いただき、企業・団体名、担当者名、金額、寄付に至った経緯や思い等をお伝えください。
その上で、指定口座へ寄付金の振込をお願い致します。折り返し、入金確認のご連絡をいたします。

*寄付金指定口座*
 滋賀銀行 県庁支店(店番160) 普通 512624 マザーレイクフォーラム運営委員会

 

LINEスタンプを購入する

LINEスタンプ

マザーレイクフォーラムと滋賀県とのコラボレーションにより、オリジナルLINEスタンプを制作・販売し、その収益金をマザーレイクフォーラムに寄付しています。
LINEスタンプの購入も、小さな「寄付」のカタチです。
購入方法など詳しくはコチラ

 

 

 

<このサイトの運営主体>
マザーレイクフォーラム運営委員会事務局
〒525-0066 滋賀県草津市矢橋町2108 淡海環境プラザ2階
(公益財団法人淡海環境保全財団内)
電話:077-569-5301/e-mail:mlf@ohmi.or.jp

コメントする

コメントを投稿するにはログインする必要があります。