野村 俊夫 さんのアバター

投稿者

生物多様性アクション大賞2017の募集開始

2017年8月9日


滋賀県琵琶湖環境部自然環境保全課からのお知らせです。

「生物多様性アクション大賞2017」の募集が7月15日より始まり、9月18日まで募集されていますので、お知らせいたします。

日本国内に活動拠点があり生物多様性につながるような取組を行っている方でしたら、団体、個人を問わず応募可能です。

これまでに滋賀県内の取り組みが多数受賞しておりますので、積極的なご応募をお願いします。

(ご参照:アクション大賞チラシhttp://5actions.jp/award2017/award2017.pdf

ご不明な点がございましたら下記連絡先あるいは滋賀県自然環境保全課(077-528-3483)までご連絡下さい。

以下、生物多様性アクション大賞の詳細です。

『生物多様性アクション大賞』は、
「国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)」の主催事業として
全国各地で行われている生物多様性の保全や持続可能な利用に
つながる活動を募り表彰するもので、今年で5回目の開催となります。

具体的にはUNDB-Jが推進する
「MY行動宣言5つのアクション」に基づき
「たべよう部門」「ふれよう部門」「つたえよう部門」
「まもろう部門」「えらぼう部門」の5部門で活動を募集。
各部門で優秀賞を選定します。

さらに、今回は環境大臣賞、農林水産大臣賞を創設し、
優秀賞受賞者によるプレゼンテーションを経て両大臣賞を決定します。

●各賞・活動支援金●
環境大臣賞  :30万円(優秀賞から1組)
農林水産大臣賞:30万円(優秀賞から1組)
各部門優秀賞 :5万円(各部門1組)
復興支援賞  :20万円 など詳しくはWEBサイトをご覧ください。
※活動支援金はUNDB-Jより贈られます。

また、今年も「生物多様性アクション大賞2017アンバサダー」
として生物多様性リーダーのさかなクンに就任していただきました!

生物多様性という言葉には、ちょっと難しいイメージがありますが
たとえば、
地産地消で旬の食材を使う食堂(たべよう)、
海や川、山での自然体験(ふれよう)、
美しい自然や生きものの姿を写真で表現(つたえよう)、
地域に残る伝統文化の保存(まもろう)、
環境に配慮した商品開発(えらぼう)なども
5つのアクションを切り口に考えると生物多様性の保全と
持続可能な利用につながる活動です。

過去の受賞活動はウェブサイトに掲載されていますので
ご応募の際は参考にぜひご覧ください。
今年もたくさんのご応募をお待ちしています!

詳細は下記「生物多様性アクション大賞」特設ページをご覧ください。
http://5actions.jp/award/

▼Facebookページでも最新情報を発信しています
https://www.facebook.com/5actions.award

―――――――――――――――――――――――――――――――――

◎選考スケジュール(予定)
募集期間:2017年7月15日(土)~2017年9月18日(月・祝)
一次審査:2017年10月初旬
二次審査:2017年10月下旬
各賞受賞発表:2017年11月
授賞式:2017年12月8日(金)
大賞受賞者プレゼンテーション:2017年12月9日(土)


応募方法
「生物多様性アクション大賞」ホームページより応募
http://5actions.jp/award/
※WEBフォームからのみの受付となります※
―――――――――――――――――――――――――――――――――

ご質問等ございましたら下記までお問い合わせください。
===========================
お問い合わせ先:生物多様性アクション大賞
事務局
担当:木村
e-mail:award@cepajapan.org
URL:http://5actions.jp/award/
===========================

この投稿にコメントする

コメントする

コメントを投稿するにはログインする必要があります。