中野 隆弘 さんのアバター

投稿者

【情報】生物多様性タウンミーティング開催

2014年10月10日


 滋賀県で策定をすすめておられる(仮称)生物多様性地域戦略に関する
 タウンミーティングが開催されます。
 お誘いあわせの上、ぜひご参加ください!
 (以下、転載)

滋賀県
 “生物多様性タウンミーティング”

1.開催日時および開催場所:
①大津 …平成26年10月23日(木曜日)18時30分-20時30分 @コラボしが21
②甲賀 …平成26年10月21日(火曜日)19時-21時 @碧水ホール
③東近江…平成26年10月15日(水曜日)19時-21時 @八日市商工会議所
④彦根 …平成26年10月16日(木曜日)19時-21時 @彦根勤労福祉会館
⑤長浜 …平成26年10月22日(水曜日)18時-20時 @長浜文化芸術会館
⑥高島 …平成26年10月26日(日曜日)15時-17時 @高島市観光物産プラザ

2.内容:
○生物多様性とは何かについてご説明します
○生物多様性地域戦略の概要について御説明します
○みなさんの地域の生物多様性に関する御意見を伺います

申し込み不要、どなたでもご参加いただけます!

※詳細はチラシを参照してください
    http://www.pref.shiga.lg.jp/hodo/e-shinbun/dg00/files/tmchirashi20141006_light.pdf

 

この投稿にコメントする

この投稿には以下の5件のコメントがあります

  1. 藤田知丈さんによる2014年10月22日のコメント

    中野さん、情報ありがとうございました!
    今日(22日)、長浜会場に参加する予定だったのですが、急用が入って残念ながら参加できませんでした…(>_<)

    各会場に参加された方、ぜひタウンミーティングの様子をコメントください♪

  2. 中野 隆弘さんによる2014年10月22日のコメント

    中野です。
    了解です( ̄^ ̄)ゞ

  3. 三和伸彦さんによる2014年10月23日のコメント

    昨夜、長浜会場参加しました!

    うーん、時間が無くて、ワークショップは参加者が1回発言したらそれで終わってしまった感じで残念でした。知らない人にお会いできたのは良かったのですが。

    事務方としては、マザーレイク21計画があり、さらに、せっかくマザーレイクフォーラムがあるのだから、連携・活用を意識していかないといけないと感じました。

    結局、同じ未来を創造し、共有するわけですから。

  4. 中野 隆弘さんによる2014年10月23日のコメント

    大津会場のミーティングに参加してきました。なるほど、皆さん感じておられる事や大事に考えておられる事が繋がること、よくわかりました。マザーレイクフォーラムの第二部みたいな感じでした。
    フォーラムのテーブルテーマに入れられたら良いなー。と、感じました。

  5. 目野 美輝代さんによる2014年10月27日のコメント

    タウンミーティングの情報をありがとうございます。
    チーム一滴で高島のミーティングに参加してきました。

    参加者は18名。

    生物多様性条約定義の説明からはじめられ
    生物多様性の危機、地域戦略について、戦略の構成、
    滋賀の社会特性、策定の体制などざっと説明を
    頂いた後、ワークショップの場に移りました。

    受付で配布された自然気づきシート
    ・思い出のある場所
    ・好きな伝統食
    ・自然を利用したもの
    ・気になる変化風景など それぞれ一つずつを書いて
    1人ずつ紹介していくという流れでした。
      
    参加者が1つの輪になってでしたので、時間がなく
    アイスブレークで終わってしまった感です。

    配られたシートの質問に思ったままを記入したことを紹介するのと
    生物多様性地域戦略の策定に向けた意見を言う場合とでは
    内容が違ってきますので、自分たちとしては肝心の話がみんなと
    できないで終わったと感じました。

    最終の高島でのミーティングでは、これまでと違ったものになったと
    事務局は最後に話をされました。

    私たちのように他府県や他の地区からも来られた方もいらっしゃいましたが
    地元住民の方々が多く、地域の植物の利用の仕方や、
    びわ湖のお魚の食べ方や美味しい時期についてなどいろいろとお話はきけました。
    地域の自然、文化を伝えていける方々が高齢化し、少なくなっていることを
    実感し、もったいないと思うと同時に寂しく思いました。

    人間も自然と共に生きる知恵や工夫をしっかり引き継いでいけるように、
    私たちも地球という星の生態系の一員で、お互いがつながりあい、支えあい
    生かされ合うものとして、経済活動、生活の仕方を考えなおしていくことが
    必要ですが、様々な矛盾とぶつかるのだと思います。

    人づくり、仕組みづくりの必要性、多様な主体の参画はもちろんですが
    行政施策として部門間連携、事業間連携、取組みを縦横につなぐ取組みの
    実行を強化いただきたいと感じています。

コメントする

コメントを投稿するにはログインする必要があります。