講演会「魚米の郷を語る」を開催します。

2014年3月4日


琵琶湖博物館では,3月22日(土)午後1時から琵琶湖博物館ホールにて標記講演会を開催します。「魚米の郷」とは長江流域から発した熟語で,水産物や農産物,水が豊かな平野地域を指します。今回の講演では太湖と洞庭湖の淡水漁業や稲作,湖と人の暮らしのかかわりを紹介します。日本の「魚米の郷」とも言うべき琵琶湖。琵琶湖の価値を考えるヒントとして本講演をご利用いただければ幸いです。「魚米の里を語る」チラシ

この投稿にコメントする

コメントする

コメントを投稿するにはログインする必要があります。