目野 美輝代 さんのアバター

投稿者

「マザーレイクフォーラム連携事業」の記載について

2013年9月3日


チーム一滴の目野です。
先日のびわコミ会議では情報・想いの交換、つながりの時間をいただきありがとうございました。
第2部では、テーマ「上流と下流のつながりって?」に参加させていただきました。琵琶湖と森林のつながりを大切に想う方々、上流と下流のつながりを意識しておられる方々との状況や想いの交換の時間はあっという間に過ぎてしまいました。他のテーマで話し合われたこと、そこに参加された皆さんのお話もお聞きしたかったです!
さて、表題の件ですが、
運営委員会より「つながりへの第一歩」として、開催するイベントやフォーラムのチラシ、HPに「この事業はマザーレイク21計画に基づくマザーレイクフォーラムとの連携事業です」という文言記載を依頼されていますが、文言よりもマザーレイクフォーラムのシンボルマークを作成し掲載する方が、載せやすく、また目につきやすいのではないでしょうか?
他の事業の一環として行う場合もあるでしょうし、スペース的な問題もあります。
「この頃よくこのマークを見るな~」という状況(同じ想いの旗印を掲げている場面)をつくれた方が印象に残るのではないでしょうか?またそのマークについて主催者から現場で紹介いただけるような場面が増えればより主催側も参加者側にも、つながりを意識できる場になるのではと思います。

この投稿にコメントする

この投稿には以下の1件のコメントがあります

  1. 井手さんによる2013年9月3日のコメント

    井手@滋賀県立大学です.

    びわコミ会議に参加していただき,ありがとうございました.
    当日気になった点などありましたら,今後の参考としますので,また教えてください.
    さてマザーレイクフォーラムのシンボルマークについてですが,仰る通りです.
    実はMLFの運営委員会でも,シンボルマークが必要だろうということで,議論は進めてきました.いくつかの候補も挙がっています.ですが,今回のびわコミ会議の準備に忙殺されてしまい,まだ決定できていないのです.
    できる限り,早めに決定して,お知らせするとともに,みなさんに使用していただけるようにさせていただきます.
    提案をありがとうございました.

コメントする

コメントを投稿するにはログインする必要があります。