みんなの情報交換ページ

このページは、滋賀県内や琵琶湖淀川流域で活動する環境保全に関わるNPO等の団体や個人をはじめ、琵琶湖に関心をお持ちの方が誰でも自由に情報発信、情報収集していただけるページです。
「みんなの情報交換ページ」に情報が書き込まれると、ウェブサイト利用登録をしている団体や個人全員にメールで自動的に情報が発信されますので、例えば各団体等で計画されているイベント等を告知する際に大いに活用していただけます。また、ウェブサイト利用登録をしておけば、他の団体等が情報を書き込めば、自動的にメールで配信されるため、常に最新の情報を入手することができます。
閲覧はどなたでも可能ですが、新しい話題を投稿したり、既にある投稿にコメントするなどフォーラムのディスカッションに参加するには、ウェブサイト利用登録をしてください。

新しい話題を投稿する

詳しい投稿方法は「みんなの情報交換ページと活動カレンダー等のご利用方法」をご覧ください。

平山奈央子 さんのアバター

投稿者 平山奈央子

企業と環境NPOの協働セミナーのご案内

2016年12月27日

%e5%8d%94%e5%83%8d%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

私が活動している大阪のNPO主催で企業とNPOの協働セミナーを開催します.

企業,NPO,両方の視点から協働について考えます.

多くのご参加をお待ちしています.

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■NPO法人エコネット近畿
 第3回 企業と環境NPOの協働セミナー (2017/2/3)

 http://www.econetkinki.org/blog161110171754.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【目的】(1)企業とNPOの連携・協働事例から新しい協働のヒントを得る。
   (2)企業とNPOの協働を考える場、出会いの場を提供する。

【開催概要】
 日時:2017年2月3日(金)14:00~16:30
 場所:大阪産業創造館 5F 研修室A・B (https://www.sansokan.jp/map/
     最寄駅:地下鉄中央線または谷町線「堺筋本町」駅より徒歩5分
     大阪市中央区本町1-4-5 TEL:06-6264-9800 
 対象:協働に関心のある企業、環境NPO、行政の方
 参加費:企業 3000円、一般3000円、会員1000円(資料代として)
 定員:60名
 主催:NPO法人エコネット近畿

【内容】
〇第1部:事例発表4例
  ◆住友ゴム工業株式会社 上条 隆雄さん
   タイトル :「生物多様性を考慮した緑化活動~各種団体との関わり~」

  ◆TOTO株式会社 津田 統子さん
   タイトル :「地域社会とグループ社員の協働
                 ~TOTO水環境基金助成団体へのボランティア参加~」

     ◆公益財団法人公害地域再生センター(あおぞら財団) 藤江 徹さん
       タイトル :「共有できる未来を目指して ~あおぞら財団と企業との協働~」

     ◆認定NPO法人サービスグラント 堀 久仁子さん
       タイトル: 「社会貢献のきっかけづくり ~プロボノで”会社人” から “社会人” に ~」

〇第2部:発表者によるパネルディスカッション「求める協働パートナーのすがた」

○第3部:名刺交換

【主 催】NPO法人エコネット近畿
【お問合せ先、お申込先】エコネット近畿 
  FAX:06-6949-8288  Email:yoyaku@econetkinki.org

— – — – — —-★ お申し込みについて★– — – — – –
お申し込みは、下記の必要事項を記載の上、EメールかFAXでお願い致します。

  (1)所属団体・組織・企業名 :
  (2)氏名 :             
  (3)お電話番号 :
  (4)住所 :
  (5)Eメールアドレス :
   (6)どんなサポートや協力関係を期待・要望されておられますか?
  (7)協働するにあたって、知りたいこと、聞いてみたいことがあればご自由にお書きください。

★– — – — – — – —-★- — – — – — – —-★

運営委員会 さんのアバター

投稿者 運営委員会

活動カレンダーを更新しました

2016年12月16日

マザーレイクフォーラム運営委員会事務局です。活動カレンダーを更新しました。
ぜひご覧いただき、今後のお出かけや活動参加のご参考にしてください。
http://mlf.shiga.jp/calender
なお、本カレンダーは琵琶湖博物館環境学習センターが発行するメールマガジンから転載しています。ぜひこちらもご覧ください。
http://www.ecoloshiga.jp/09_merumaga/

野村 俊夫 さんのアバター

投稿者 野村 俊夫

「しが生物多様性大賞」の募集のお知らせ

2016年12月8日

滋賀県自然環境保全課からのお知らせです。

 

滋賀県と滋賀経済同友会は共催により、生物多様性に関する活動を表彰しています。

今年度から、企業部門(1つの企業が主体)、一般部門(1つのNPO・地域・学校・行政等が主体)、協働部門(複数の主体の協働)の3部門に分けて表彰します。

受賞者の方には滋賀県知事名の表彰状を授与します。

皆様の積極的な応募をお待ちしております。

 

【募集期間】平成28年11月21日(月)~平成29年1月10日(火)

【応募対象】滋賀県内で実施されている生物多様性の活動

【応募方法】応募用紙に必要事項をご記入の上、滋賀県自然環境保全課まで郵送もしくはEメールにてお送りください。

【審査会】平成29年1月中旬~1月下旬

【表彰式】平成29年3月

【お申込み・お問い合わせ】

 滋賀県琵琶湖環境部自然環境保全課 担当:野村

 TEL:077-528-3483 Eメール:dg00@ pref.shiga.lg.jp

【ホームページ】

URL:  http://www.pref.shiga.lg.jp/d/shizenkankyo/tayosei_hyosyoseido/shiga_biodiversity_award.html

運営委員会 さんのアバター

投稿者 運営委員会

活動カレンダーを更新しました

2016年12月2日

マザーレイクフォーラム運営委員会事務局です。活動カレンダーを更新しました。
ぜひご覧いただき、今後のお出かけや活動参加のご参考にしてください。
http://mlf.shiga.jp/calender
なお、本カレンダーは琵琶湖博物館環境学習センターが発行するメールマガジンから転載しています。ぜひこちらもご覧ください。
http://www.ecoloshiga.jp/09_merumaga/

えこサロン20を開催します!

2016年11月21日

「えこサロン」は環境フォーラム湖東の交流会です。
どなたでもご参加いただけます。気軽にお越しください。

1.日時 平28年12月16日(金)19時~21時
2.場所 SLOW(2階)
    (彦根市小泉町34-11)
3.内容
(1)話題提供 泉エコーくらぶ 「ふるさとを次代に」
(2)参加者による交流 
4.参加費 500円(ワンドリンク付き)
5.申込み 12月14日(水)までに事務局にお申し込みください
◇申込み・問合せ先
環境フォーラム湖東事務局
彦根市元町4-1(滋賀県湖東環境事務所内)
TEL. 0749-27-2255
FAX. 0749-27-1688

運営委員会 さんのアバター

投稿者 運営委員会

活動カレンダーを更新しました

2016年11月17日

マザーレイクフォーラム運営委員会事務局です。活動カレンダーを更新しました。
ぜひご覧いただき、今後のお出かけや活動参加のご参考にしてください。
http://mlf.shiga.jp/calender
なお、本カレンダーは琵琶湖博物館環境学習センターが発行するメールマガジンから転載しています。ぜひこちらもご覧ください。
http://www.ecoloshiga.jp/09_merumaga/

佐藤祐一 さんのアバター

投稿者 佐藤祐一

「ビワマスフォーラム~しが・野洲の森川里湖のつながりを取り戻せ!~」を開催します!(12/10(土)滋賀県野洲市)

2016年11月11日

「ビワマスフォーラム ~しが・野洲の森川里湖のつながりを取り戻せ!~」を開催します!

野洲市を流れる家棟川ではかつて、秋になるとビワマス(琵琶湖固有種でサケ科の魚類)が産卵のためにたくさん遡上していました。しかし現在は、親魚の産卵や稚魚の生活のための環境が十分ではなく、その数は激減しています。

ふたたび多くのビワマスが遡上して産卵し、稚魚が琵琶湖に戻り、成長してまた遡上してくるような生態回廊の再生を目指して、平成27年度にNPOや自治会、行政、専門家、企業からなるプロジェクトを結成しました。これまでにすでに産卵場の造成や魚道設置などの取り組みを行い、ビワマスが実際に産卵するなどの成果が出ています。本フォーラムでは、プロジェクトのこれまでの活動について報告するとともに、ビワマスの専門家、全国の小さな自然再生の専門家などを交えて、滋賀県や野洲市における森川里湖のつながりを取り戻すための方策について話し合います。

当日は、ビワマス(あめのいお)ご飯の試食会も開催します。参加費は無料ですが、事前申し込みが必要(定員100名、先着順)です。ふるってご参加ください。詳細は下部のチラシのリンクをご覧ください。

日時:平成28年12月10日(土)13:30~16:00

場所:野洲図書館内 野洲市市民活動支援センター ホール

主催:家棟川・童子川・中ノ池川にビワマスを戻すプロジェクト

プログラム:

13:30 開会挨拶 山仲善彰野洲市長

        山本義昭プロジェクト代表

13:35 【報告】家棟川にビワマスは戻ったのか?~家棟川・童子川・中ノ池川にビワマスを戻すプロジェクトの成果と課題~

    滋賀県琵琶湖環境科学研究センター 主任研究員 佐藤祐一

14:05 【講演】ビワマスが産卵し幼魚が育つ川づくり

    滋賀県水産試験場 元場長 藤岡康弘

14:30 【体験イベント】 ビワマス(あめのいお)ご飯の試食会

15:00 【パネルディスカッション】しが・野洲における森川里湖のつながりを取り戻すために何が必要か?

    コーディネーター 滋賀県琵琶湖環境科学研究センター 主任研究員 佐藤祐一

    パネリスト    滋賀県水産試験場 元場長 藤岡康弘

             徳島大学 生物資源産業学部 教授 浜野龍夫

             関西広域連合 本部事務局 主査 瀧健太郎

16:00 閉会挨拶 松沢松治プロジェクト代表団体代表

 

申し込み・問い合わせ先:野洲市役所 環境経済部 環境課 西村・中野

〒520-2395 滋賀県野洲市小篠原2100番地1

TEL 077-587-6003

FAX 077-587-3834

E-mail kankyou@city.yasu.lg.jp

 

ビワマスフォーラムチラシ

第十二回「外来魚情報交換会」

2016年11月11日

こんにちは、いつもお世話になっております。琵琶湖を戻す会です。 恒例の外来魚情報交換会のお知らせです。

http://biwako.eco.coocan.jp/exchange/2017/exchange17a.html

開催日:2017年1月28日(土)・29日(日) 受付:(28日)12:00~12:55 (29日)9:00~9:30 開催時間:(28日)13:00~17:30 (29日)9:30~13:00※時間帯は発表数によって変更する場合があります。 懇親会:(28日)18:00~

会場:草津市立まちづくりセンター3階(301・302会議室) 滋賀県草津市西大路町9-6 ※JR琵琶湖線「草津駅」西口を西に200m 周辺地図はこちら http://biwako.eco.coocan.jp/map/kusatsu/kusatsu.gif

テーマ:外来魚を中心に、水辺の外来生物に関する様々な情報の交換と相互交流

目的:ブルーギルやブラックバス等の外来魚をはじめとする水辺の外来生物防除に関する様々な情報を持ち寄って発表し、お互いの情報を交換することによって外来生物防除に対する意識と知識を高め、お互いの連携を深めることを目的とする。

内容:外来魚の情報であれば駆除方法や生態などジャンルを問わない。発表者・参加者も滋賀県下にこだわらず広く参加を募る。特に発表者に関しては、一般市民をはじめ、漁業者・行政・研究機関・学者・学生・釣り人等々から広く参加を募り、外来魚の現状、生態、駆除方法から釣り方のコツまで幅広い視点からの情報収集を行う。話し手・聞き手を同じ目の高さにし、発表ごとに質疑応答の時間を設けることで情報交換とともに参加者相互の交流も目指す。情報交換会と懇親会とのセットで1つのイベントと考えている。

プログラム:28日(土) 12:00~12:55受付 12:55~13:00開会 13:00~17:30情報提供 18:00~懇親会

29日(日) 9:00~9:30受付 9:30~13:00情報提供 13:00閉会

※プログラムは予告無く変更する場合があります。

主催:琵琶湖を戻す会 共催:全国ブラックバス防除市民ネットワーク 後援:滋賀県(申請中) 協力:環境再生保全機構地球環境基金

定員:外来魚情報交換会:先着100名 参加費:外来魚情報交換会:無料(資料代:500円) 懇親会:4,000円(予定) 参加資格:なし 参加申込み:※事前申し込みが必要です。 詳しくはこちら http://biwako.eco.coocan.jp/exchange/2017/exchange17a.html#bosyu

問合せ先: 琵琶湖を戻す会広報  ZXA00545@nifty.ne.jp 或いは 琵琶湖を戻す会事務局 masahiko.takada@nifty.ne.jp

第十二回「外来魚情報交換会」募集要項 下記の項目を全て記入の上、メールにてお申し込み下さい。 参加者名: ふりがな: 所属:※あればで結構です 連絡先:(住所) (電話) (メール) 情報交換会:両日とも参加・28日のみ参加・29日のみ参加 発表:発表する・発表しない 発表する場合のテーマ「 」 ※発表テーマは“水辺の外来生物”(国内移入種も含む)に関するものに限ります。 懇親会:参加する・参加しない

◆発表者募集は先着順で受け付け、発表枠数に達し次第締め切らせていただきます。 ◆発表時間は一人15分程度を予定しています。 ◆同時に複数名申し込まれる場合は全員のお名前と代表者の連絡先をお書き下さい。

申し込み先:琵琶湖を戻す会事務局 masahiko.takada@nifty.ne.jp

ご参加いただければ、皆さんの外来魚対策活動に必ずお役に立ちます!!

第十二回「外来魚情報交換会」案内&参加申込用紙 PDFファイル版exchange2017a.pdfSIZE:303KB http://biwako.eco.coocan.jp/exchange/2017/photo/exchange2017a.pdf Wordファイル版exchange2017a.docSIZE:43KB ※申込用紙のみ http://biwako.eco.coocan.jp/exchange/2017/photo/exchange2017a.doc ダウンロードして自由にご利用下さい。 但し、内容は予告無く変更になる場合があります。

琵琶湖を戻す会は外来生物法の主務官庁(環境省/農林水産省)から特定外来生物防除認定を受けています。 http://biwako.eco.coocan.jp/prevention/prevention.html

運営委員会 さんのアバター

投稿者 運営委員会

活動カレンダーを更新しました

2016年11月4日

マザーレイクフォーラム運営委員会事務局です。活動カレンダーを更新しました。
ぜひご覧いただき、今後のお出かけや活動参加のご参考にしてください。
http://mlf.shiga.jp/calender
なお、本カレンダーは琵琶湖博物館環境学習センターが発行するメールマガジンから転載しています。ぜひこちらもご覧ください。
http://www.ecoloshiga.jp/09_merumaga/

「湖東地域環境シンポジウム」を開催します。

2016年11月1日

湖東地域の自然環境に関する講演、地域で活動する環境ボランティア団体の活動紹介等を通して、環境保全活動の取り組みの輪を広げることを目的にシンポジウムを開催します。
本年度のシンポジウムは、県立大学”湖風祭”の会場で「ひこねエコフェスタ」と合同で開催します。
お気軽にお越しください。

○開催日 11月12日(土)~13日(日)
○場所  滋賀県立大学”湖風祭”会場
○内容  講演、トンボ調査の表彰、パネル展示

・講演「滋賀県におけるトンボの現状」
講師 トンボ研究会 澤田弘行 氏
11月13日(日)13:10~14:40
滋賀県立大学 屋外ブース
※雨天時は講義棟A4-103

申し込みは不要です。直接会場へお越しください。

HP(http://www.f-koto.org/) / facebookページ(http://www.facebook.com/f.koto.org