みんなの情報交換ページ

このページは、滋賀県内や琵琶湖淀川流域で活動する環境保全に関わるNPO等の団体や個人をはじめ、琵琶湖に関心をお持ちの方が誰でも自由に情報発信、情報収集していただけるページです。
「みんなの情報交換ページ」に情報が書き込まれると、ウェブサイト利用登録をしている団体や個人全員にメールで自動的に情報が発信されますので、例えば各団体等で計画されているイベント等を告知する際に大いに活用していただけます。また、ウェブサイト利用登録をしておけば、他の団体等が情報を書き込めば、自動的にメールで配信されるため、常に最新の情報を入手することができます。
閲覧はどなたでも可能ですが、新しい話題を投稿したり、既にある投稿にコメントするなどフォーラムのディスカッションに参加するには、ウェブサイト利用登録をしてください。

新しい話題を投稿する

詳しい投稿方法は「みんなの情報交換ページと活動カレンダー等のご利用方法」をご覧ください。

第17回世界湖沼会議のお知らせ

2018年3月5日

茨城県および公益財団法人国際湖沼環境員会(ILEC)の主催により開催される第17回世界湖沼会議(WLC17)は、今年2018年10月の開催です。発表や参加に向けての第二回開催案内書が発行されました。参加登録、論文の受付、その他各種プログラムの申込も行われております。分科会での発表申込締切は4月20日(金)ですので、発表を考えておられる方は遅れることのないように準備願います。 

詳しくは公式サイトをご覧ください: www.wlc17ibaraki.jp

なお、ILECでは県民の参加に対し補助制度を予定しています。

第2回開催案内書(概要版)

野村 俊夫 さんのアバター

投稿者 野村 俊夫

生物多様性しが戦略の中間評価について

2018年3月1日

滋賀県自然環境保全課からお知らせです。

滋賀県の生物多様性※の現状や生物多様性の保全、生態系サービス(自然の恵み)の持続的な利用の取り組みの進捗状況等をまとめた「生物多様性しが戦略中間評価報告書」を平成30年2月に公表しました。

滋賀県の生物多様性について関心を持っていただく機会として是非ご覧ください。

※生物多様性:生きもののにぎわい、つながりを指し、生物多様性が健全な状態にあることで、様々な自然の恵みを受け取れます。

 

【ホームページ】

http://www.pref.shiga.lg.jp/d/shizenkankyo/tayosei_sennryaku/sennryakuhyouka.html

【お問い合わせ】

滋賀県琵琶湖環境部自然環境保全課

TEL:077-528-3483 Eメール:dg00@pref.shiga.lg.jp

 

伊吹山棚田ヨシ水郷めぐり鮒寿司

 

運営委員会 さんのアバター

投稿者 運営委員会

活動カレンダーを更新しました

2018年2月19日

マザーレイクフォーラム運営委員会事務局です。活動カレンダーを更新しました。
ぜひご覧いただき、今後のお出かけや活動参加のご参考にしてください。
http://mlf.shiga.jp/calender
なお、本カレンダーは琵琶湖博物館環境学習センターが発行するメールマガジンから転載しています。ぜひこちらもご覧ください。
http://www.ecoloshiga.jp/09_merumaga/

佐藤祐一 さんのアバター

投稿者 佐藤祐一

平成29年度びわ湖セミナー「魚介類のにぎわい復活に向けて」

2018年2月15日

びわ湖セミナー

滋賀県が、琵琶湖における在来魚介類の再生および水産資源の回復に向けて取り組んできた研究の成果を紹介するとともに、大阪湾における漁業資源回復の取組や、平成29年4月に設置された国立環境研究所琵琶湖分室の研究トピックスも交えながら、魚介類のにぎわい復活に向けた今後の展望についてわかりやすく発表します。

また、基調講演では滋賀県立琵琶湖博物館名誉学芸員・神戸学院大学教授の前畑政善氏をお迎えし、「琵琶湖の環境と魚、そして人」について、ご講演頂きます。

1.日時
平成30年3月3日(土)
13:30~16:20 受付開始13:00

2.場所
コラボしが21 3階 大会議室
(滋賀県大津市打出浜2-1)

3.定員
150名 (要事前申込、申込先着順)

4.参加費
無料

5.プログラム

基調講演

「琵琶湖の環境と魚、そして人」
  講師:前畑 政善 氏(滋賀県立琵琶湖博物館名誉学芸員・神戸学院大学教授)

成果発表

「琵琶湖の在来魚介類のにぎわい復活に向けて -琵琶湖環境研究推進機構の取組を中心に-」
 ・発表1「『にぎわい復活』に向けた研究 -成果と展望」
  滋賀県琵琶湖環境科学研究センター 東 善広 専門研究員
 ・発表2 「琵琶湖漁業と資源回復の取組 -南湖でのホンモロコ復活に向けて」
  滋賀県水産試験場 米田 一紀 主任技師

「大阪湾・魚庭(なにわ)の海の恵み -これまでとこれから-」
  (地独)大阪府立環境農林水産総合研究所 大美 博昭 主任研究員

「琵琶湖で生き残った日本在来コイ -その保全に向けて-」
  (国研)国立環境研究所・琵琶湖分室 馬渕 浩司 主任研究員

6.申込方法
1.氏名(代表者名)、2.参加人数、3.住所または所属、4.連絡先をご記入のうえ、E-mail・FAX・郵送のいずれかの方法でお申し込みください。
締切:平成30年3月1日(木) [必着]
申込・問合せ先:〒520-0022滋賀県大津市柳が崎5-34
滋賀県琵琶湖環境科学研究センター
電話:077-526-4800
FAX:077-526-4803
E-mail:de51200@pref.shiga.lg.jp

主催:滋賀県琵琶湖環境科学研究センター

滋賀県政eしんぶん
びわ湖セミナー ~魚介類のにぎわい復活に向けて~を開催します
http://www.pref.shiga.lg.jp/d/biwako-kankyo/biwakosemina-29.html

平成29年度びわ湖セミナー チラシ
http://www.pref.shiga.lg.jp/d/biwako-kankyo/files/biwakosemina-tirasi_29.pdf

運営委員会 さんのアバター

投稿者 運営委員会

活動カレンダーを更新しました

2018年2月5日

マザーレイクフォーラム運営委員会事務局です。活動カレンダーを更新しました。
ぜひご覧いただき、今後のお出かけや活動参加のご参考にしてください。
http://mlf.shiga.jp/calender
なお、本カレンダーは琵琶湖博物館環境学習センターが発行するメールマガジンから転載しています。ぜひこちらもご覧ください。
http://www.ecoloshiga.jp/09_merumaga/

野村 俊夫 さんのアバター

投稿者 野村 俊夫

平成29年度『しが生物多様性大賞』表彰式、活動発表、講演会の開催

2018年1月12日

滋賀県自然環境保全課よりお知らせです。

滋賀県では、滋賀経済同友会と共催により、特に優れた生物多様性の保全・活用の取組を表彰し、連携の輪を広げることを目的として、平成25年度に「しが生物多様性大賞」を創設しました。

第5回となる今年度は、企業、一般、協働の3つの部門に分けて募集を行い、企業部門から1件を大賞(滋賀県知事表彰)に、1件を特別賞(滋賀経済同友会代表幹事表彰)に、協働部門から2件を大賞に、1件を特別賞に選定しました。なお、一般部門からは、大賞、特別賞の選定はありませんでした。

このことについて、以下のとおり表彰式および活動発表を行います。

また、表彰式、活動発表の後に生物多様性に関する講演も行いますので、併せて皆様のご参加をお待ちしております。

なお、5年間にわたり表彰を行い、受賞した県内の優れた活動についてフォーラム等で広く周知も行えたことから、今年度でしが生物多様性大賞を終了します。県では、来年度から新たに企業等による生物多様性の取り組みを認証する制度を開始する予定であり、この認証制度についても紹介します。

 

日時:平成30年(2018年)2月7日(水曜日)  14時30分~16時30分 (受付 14時~)

場所:滋賀県危機管理センター  1階  大会議室   (大津市京町四丁目1番1号)

内容:

(表彰式、活動発表)

14時30分      受賞者の紹介と審査の講評

                     賞状・副賞授与

                     記念撮影

15時10分     大賞受賞活動の発表(企業部門1活動、協働部門2活動)

(講演会等)

15時45分     講演

                    演題:「事業活動と生物多様性の関係を知る    生物多様性の最新情報を交えて」

                    講師:西田  貴明 氏(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)

16時15分     しが生物多様性大賞の総括、(仮称)生物多様性認証制度の紹介

申込方法:

お申し込みはメール(dg00@pref.shiga.lg.jp)またはFAX(077-528-4846)により、タイトルに「しが生物多様性大賞表彰式等参加申込み」と記載いただき、参加いただく方の氏名を記入の上、2月2日(金曜日)までに送付ください。

詳細につきましては、以下のURLをご参照ください。

http://www.pref.shiga.lg.jp/d/shizenkankyo/files/bdtaishouchirashi.pdf

運営委員会 さんのアバター

投稿者 運営委員会

活動カレンダーを更新しました

2017年12月18日

マザーレイクフォーラム運営委員会事務局です。活動カレンダーを更新しました。
ぜひご覧いただき、今後のお出かけや活動参加のご参考にしてください。
http://mlf.shiga.jp/calender
なお、本カレンダーは琵琶湖博物館環境学習センターが発行するメールマガジンから転載しています。ぜひこちらもご覧ください。
http://www.ecoloshiga.jp/09_merumaga/

ILEC30周年記念シンポジウム参加者募集のお知らせ

2017年12月14日

公益財団法人 国際湖沼環境委員会(略称:ILECアイレック)は昨年で設立30周年を迎えました。記念事業の一環として、下記のとおり記念シンポジウムを開催します。このシンポジウムでは、湖の保全や活用にあたっての各主体の連携による取組みを当財団の科学委員等関係者から紹介するとともに、今後の連携強化、国際発信・連携について、参加者を含めてパネルディスカッションを行うこととしております(詳細プログラムはチラシのとおり、またはILECホームページhttp://www.ilec.or.jp/jp/)。たくさんのみなさまのご参加をお待ちしております。

1 日時・場所

平成30年1月27日(土)  13:30~16:30
琵琶湖博物館ホール

2 概要

・事例報告
湖沼・水辺の保全・活用に向けた世界の取組み(国内3事例、海外3事例)

・パネルディスカッション
     「様々な人達とのつながり、国境を越えたつながり」をテーマとし、事例発表者、フロアとの意見交換

*入場料無料、同時通訳有

3 参加申し込み 

参加ご希望の方は、平成30年1月22日までにEメールまたはファックスで事前登録をお願いします。(定員200名)。

   必要事項:件名 シンポジウム申込 申込(代表)者氏名(フリガナ)、人数、住所(市町村名のみ)
   送付先 E-メール:sympo@ilec.or.jp    FAX: 077-568-4568

記念シンポチラシ1 

第4回 企業と環境NPOの協働セミナー

2017年12月13日

第4回 企業と環境NPOの協働セミナー(2017/1/30) 開催のお知らせ
 
  近年、持続可能な開発目標(SDGs)に企業の関心が高まりを見せています。
 SDGs時代に持続可能な社会の実現と目標の達成を目指すとき、企業、NPO、行政、学校、市民といったマルチステークホルダーのパートナーシップによる技術や資源、資金の動員が欠かせません。
  しかしながら、実際には身近に異なるステークホルダー間の出会いの機会がなかったり、互いの組織の情報やニーズ、想いを十分に得るためのソースやツールが見出だせなかったり、さまざまな理由で多くの企業やNPOが互いの連携・協働に踏み出せずにいる現状があります。
  また、せっかく連携したプロジェクトを立ち上げながらも、それぞれの組織風土に阻まれて思うような成果が挙げられていない現実もあります。
 すでに、3回にわたり協働セミナーを開催してきましたが、成功事例・失敗事例も共有することで、協働における障壁を是正し確実な成果報告へとつながるよう、開催します。

【目   的】(1)企業とNPOの連携・協働事例から新しい協働のヒントを得る。
        (2)企業とNPOの協働を考える場、出会いの場を提供する。

【開催概要】
 日   時:2018年1月30日(金)14:00~16:30
 場   所:大阪産業創造館 5F 研修室A・B 
             (https://www.sansokan.jp/map/)
     最寄駅:地下鉄中央線または谷町線「堺筋本町」駅より徒歩5分
     大阪市中央区本町1-4-5 TEL:06-6264-9800 
 対   象:協働に関心のある企業、環境NPO、行政の方
 参加費:企業 3000円、一般3000円、会員1000円(資料代として)
 定   員:30名
 主   催:NPO法人エコネット近畿

【プログラム】
〇第1部:事例紹介 4例
  ◆セブン-イレブン記念財団 地域活動支援事業マネージャー 小野弘人氏
   森林保全プロジェクト 「セブンの森」                 
                        ~行政、森林組合、NPOとの協定による森林保全~
 ◆阪急阪神ホールディングス 株式会社   兼 阪急電鉄株式会社
    総務部 課長(社会貢献担当)相良有希子氏
  阪急阪神 未来のゆめ・まち基金」を通じた環境NPOとの協働の取組み
 ◆NPO 大阪湾沿岸域環境創造研究センター 岩井克巳氏
  「海の森づくり」~多様な連携と多世代共創による魚庭(なにわ)の海の再生~
 ◆NPO法人 サウンドウッズ  安田哲也氏
  森を育てる木づかいコーディネート~ 自治体・企業・団体向け「木の提案」~

〇第2部:発表者によるパネルディスカッション
〇第3部:名刺交換 

【主 催】NPO法人エコネット近畿
【お問合せ先、お申込先】エコネット近畿 
      FAX:06-6949-8288  Email:yoyaku@econetkinki.org

171122協働セミナーチラシ_ページ_1【申込フォーム】http://kokucheese.com/event/index/498918/

– — – — – —-★ お申し込みについて★– — – — – –
お申し込みは、下記の必要事項を記載の上、EメールかFAXでお願い致します。

  (1)所属団体・組織・企業名 :
  (2)氏名 :             
  (3)お電話番号 :
  (4)住所 :
  (5)Eメールアドレス :
   (6)どんなサポートや協力関係を期待・要望されておられますか?
  (7)協働するにあたって、知りたいこと、聞いてみたいことがあればご自由に
   お書きください。
★– — – — – — – —-★- — – — – — – —-★

【チラシ】http://img01.ecgo.jp/usr/econet/img/171204171725.pdf
【申込フォーム】http://kokucheese.com/event/index/498918/
【詳細】http://www.econetkinki.org/blog170703143500.html

運営委員会 さんのアバター

投稿者 運営委員会

活動カレンダーを更新しました

2017年12月6日

マザーレイクフォーラム運営委員会事務局です。活動カレンダーを更新しました。
ぜひご覧いただき、今後のお出かけや活動参加のご参考にしてください。
http://mlf.shiga.jp/calender
なお、本カレンダーは琵琶湖博物館環境学習センターが発行するメールマガジンから転載しています。ぜひこちらもご覧ください。
http://www.ecoloshiga.jp/09_merumaga/

3 / 2012345...1020...最後 »