みんなの情報交換ページ

このページは、滋賀県内や琵琶湖淀川流域で活動する環境保全に関わるNPO等の団体や個人をはじめ、琵琶湖に関心をお持ちの方が誰でも自由に情報発信、情報収集していただけるページです。
「みんなの情報交換ページ」に情報が書き込まれると、ウェブサイト利用登録をしている団体や個人全員にメールで自動的に情報が発信されますので、例えば各団体等で計画されているイベント等を告知する際に大いに活用していただけます。また、ウェブサイト利用登録をしておけば、他の団体等が情報を書き込めば、自動的にメールで配信されるため、常に最新の情報を入手することができます。
閲覧はどなたでも可能ですが、新しい話題を投稿したり、既にある投稿にコメントするなどフォーラムのディスカッションに参加するには、ウェブサイト利用登録をしてください。

新しい話題を投稿する

詳しい投稿方法は「みんなの情報交換ページと活動カレンダー等のご利用方法」をご覧ください。

小出 さんのアバター

投稿者 小出

こなん水環境フォーラムを開催します!

2014年2月14日

滋賀県南部環境事務所の小出です、「こなん水環境フォーラム」の開催の案内をいたします。

湖南流域環境保全協議会では、今回で第5回となる「こなん水環境フォーラム」を開催します。「つながろう!、取り戻そう!人と人、人と自然・生きもの」というテーマのもと、地域で環境保全活動をされている方々の出展や活動発表、講演、琵琶湖の漁師料理を囲んでの交流会などの交流の場づくりを計画しています。現在フォーラムへの参加者を募集しております。初めて参加の方大歓迎です。

◇日時:平成26年3月1日(土)12時20分から18時30分まで ※途中入退室可です。

◇場所:野洲市野洲図書館(会場:野洲市市民活動支援センター) 野洲市辻町410番地

      ※駐車場あり。野洲健康福祉センターの駐車場も利用できます。

詳しくはこちらのホームページをご覧ください

http://www.pref.shiga.lg.jp/kusatsu-pbo/kankyoshinrin/kyougikai.html

◇問い合わせ:湖南流域環境保全協議会事務局(滋賀県南部環境事務所内)

TEL:077-567-5444  FAX:077-564-1733  E-mail:de40@pref.shiga.lg.jp

 

 

 

 

 

 

 

平山奈央子 さんのアバター

投稿者 平山奈央子

滋賀県環境審議会委員の公募について

2014年2月10日

すでにご存じの方も多いとおもいますが,「滋賀県環境審議会」で公募委員を募集しています.

【滋賀県環境審議会委員の募集について】
http://www.pref.shiga.lg.jp/hodo/e-shinbun/de00/20140128.html

平山奈央子 さんのアバター

投稿者 平山奈央子

環境NPO・企業と行政の協働セミナーのご案内

2014年2月6日

お世話になっている団体から,環境NPO・企業と行政の協働セミナーの案内をいただきました.
マザーレイクフォーラムで話題になっている地域活動と企業,行政間の連携協働について,役に立ちそうな情報を得られそうです.
会場が大阪ですが,よければお運びください.
また,可能な範囲で関心ありそうな方にご案内いただけると助かります.

*********************
★「環境NPO・企業と行政の協働セミナー
~3つのチカラのたし算が 地域を変える!~ 」
〇日 時:2014年2月18日(火) 13:00~16:30
〇場 所:おおさかATCグリーンエコプラザ ビオトーププラザ(ATM ITM棟11F西側)
〇内 容:3つのチカラ(環境NPO・企業・行政)の10の協働事例発表いただき、
      ヒントと理解を得て各々の強みを活かした新たな協働のカタチを探り
     パートナーマッチングの場になればと開催いたします。
〇参加費: 一般1000円 学生500円 会員500円(資料代)
〇主 催:NPO法人エコネット近畿
〇申込・問合せ:NPO法人エコネット近畿
               ℡:06-6881-1133 fax:06-6949-8288
Email:jimukyoku@econetkinki.org
詳細は、
〇エコネット近畿 HP
http://www.econetkinki.org/blog140117134253.html
〇フェイスブックイベントページ
https://www.facebook.com/events/220176314831841/
〇発表団体
(行政より)1社
大阪府「笑働OSAKA」    http://www.shoudo-osaka.org/
(環境NPOより)7団体
NPO法人尼崎21世紀の森、http://ama21mori.net/
公益社団法人大阪自然環境保全協会、http://www.nature.or.jp/index.html
関西雨水市民の会 http://www.kansaiamamizu.com/
NPO法人里山倶楽部、   http://www.satoyamaclub.org/
NPO法人森林ボランティア竹取物語 http://www.eonet.ne.jp/~taketorinokai/
NPO法人日本食品リサイクネットワーク関西支部http://www.pref.shiga.lg.jp/d/haikibutsu/gomizero/sanpai03/files/zeroemi12.pdf
NPO法人ふれあいネットひらかた http://shokuiku-station.com/
(企業より)2社
あべのハルカス近鉄本店 縁活運営事務局 http://en-katsu.info/
関西テレビ放送 http://www.ktv.jp/csr/env/tape.html
(展示)1社
学校法人山口学園 ECC社会貢献センターhttp://npo.ecc.ac.jp/center/

運営委員会 さんのアバター

投稿者 運営委員会

活動カレンダーを更新しました

2014年2月4日

マザーレイクフォーラム運営委員会事務局です。活動カレンダーを更新しました。
ぜひご覧いただき、今後のお出かけや活動参加のご参考にしてください。
http://mlf.shiga.jp/calender
なお、本カレンダーは琵琶湖博物館環境学習センターが発行するメールマガジンから転載しています。
ぜひこちらもご覧ください。
http://www.ecoloshiga.jp/09_merumaga/

2/16(日) 淡海の川づくりフォーラム開催します!

2013年12月9日

マザーレイクフォーラム連携事業【淡海の川づくりフォーラム】開催の案内です。

”川や水辺と共生する暮らし”、”川や水辺と私たちのいい関係”っていったいどういうことなんだろう、ということについて、川や水辺にまつわる活動をされている団体の皆さまと公開選考方式のワークショップを通じて、それぞれの交流の中で、皆さまと共に探っていきたいと考えています。

川と共生する地域づくり、水辺を活かした地域づくり、水害に強い地域づくり、川や水辺と親しむ地域づくりなど、川や水田、湖沼、小さな水路といった水辺をフィールドとする活動を互いに参考にしながら、これからの時代の、“川や水辺と私たちのいい関係”について共に見つけ出してみませんか。

フォーラムに参加すれば、きっと素晴らしい出会いや活動のヒントがあるはずです。

現在、発表団体を募集しております。もちろん傍聴のみも可能です。ぜひご参加ください。

◇日時 平成26年(2014年)2月16日(日) 9時30分~16時30分(9時10分受付開始)
◇場所 コラボしが21 3階 (滋賀県大津市打出浜2−1 びわ湖ホールの前です。)

◇前回の様子
http://www.pref.shiga.lg.jp/h/ryuiki/foulamu/dai6kai_fouramu.html

◇発表団体エントリー方法 (※なお、傍聴のみの方は、手続き不要です。)
http://www.pref.shiga.lg.jp/h/ryuiki/eshinbun/20131128.html

◇発表団体エントリー締切日 平成26年1月20日(月)必着

◇主催 第7回淡海の川づくりフォーラム実行委員会事務局
 滋賀県土木交通部流域治水政策室内
  〒520-8577滋賀県大津市京町四丁目1-1
  TEL:077-528-4291 FAX:077-528-4904
  E-mail: forum@shiga-rivers.com

運営委員会 さんのアバター

投稿者 運営委員会

活動カレンダーを更新しました

2013年12月9日

マザーレイクフォーラム運営委員会事務局です。活動カレンダーを更新しま
した。ぜひご覧いただき、今後のお出かけや活動参加のご参考にしてください。
http://mlf.shiga.jp/calender
なお、本カレンダーは琵琶湖博物館環境学習センターが発行するメールマガ
ジンから転載しています。ぜひこちらもご覧ください。
http://www.ecoloshiga.jp/09_merumaga/

佐藤祐一 さんのアバター

投稿者 佐藤祐一

マザーレイクフォーラムのロゴマーク(大)を作成しました

2013年11月18日

琵琶湖環境科学研究センターの佐藤です。

先日マザーレイクフォーラムのロゴマークを本掲示板上で公開しましたが、「拡大して使うには画像が粗い」というご指摘をいただきましたので、解像度の高いロゴマークも作成しました。
Webサイト上では前回のものと同じように見えますが、ダウンロードしていただくと解像度が高くなっているかと思います。
目的に合わせ、ご活用いただければ幸いです。引き続きどうぞよろしくお願いします。

20131118MotherLakeForumロゴ(大)

池田 勝 さんのアバター

投稿者 池田 勝

参加者募集「はじめての鹿肉」家族で楽しもう!ジビエ料理から考える、森とシカと人のくらし

2013年11月13日

琵琶湖博物館環境学習センターの池田勝です。

鹿肉について、獣害や猟、加工の現状を知ってもらい、美味しく食べてもらうイベントを企画しました!
小学生とそのご家族対象、なんと8組のみの募集ですので、ぜひお申込みください。
お待ちしています!

・・・・・転送歓迎 ここから・・・・・

「はじめてのシカ肉」
家族で楽しもう!ジビエ料理から考える、森とシカと人のくらし

●日 時: 2013年11月30日(土) 9:30-15:00
●集 合: 9:30(受付9:00から)
      道の駅「くつき新本陣」駐車場(高島市朽木市場777)
●解 散: 15:00(プログラムにより前後することがあります)
      森林公園くつきの森(高島市朽木麻生443)
●体験場所:朽木ゴールドもみじ(シカの解体・精肉場)、朽木の山(獣害の現場)、森林公園くつきの森(ソーセージづくりやBBQ、獣害のお話、交流など)

●定員・対象:滋賀県在住の小学生以上の子どもと保護者 8組(定員20名)
       ※先着順 自家用車でご参加ください。
●参加費: 参加1人につき 大人1,500円 子ども1,200円
     (※鹿肉材料費、保険代、くつきの森維持費等の実費分です)
●持ち物: 軍手、エプロン、手ふきタオル、飲み物、防寒具、雨具、(あれば保冷バック)
●お申込み:参加者のお名前、性別、年齢、住所、電話番号、携帯電話を琵琶湖博物館 環境学習センターまで。電話、FAX、電子メールでお知らせください。〆切11/24(日)(※受付後当方より連絡いたします。)
●お申し込み、お問い合わせ  琵琶湖博物館 環境学習センター
 TEL 077-568-4818 FAX 077-568-4850 E-MAIL ecolo@pref.shiga.lg.jp
●主 催:琵琶湖博物館 環境学習センター
 協 力:高島森林体験学校、朽木猟友会朽木ゴールドもみじ

詳しくは、琵琶湖博物館 環境学習センターHP エコロしーがをご覧ください。
http://www.ecoloshiga.jp/A_new/index.php?id=573

・・・・・ここまで・・・・・ジビエ案内チラシ1

A.Nakanishi さんのアバター

投稿者 A.Nakanishi

「しが生物多様性大賞」への応募のご案内

2013年11月6日

 皆様はじめまして。私は滋賀県自然環境保全課の中西と申します。

 突然ではございますが、この度、滋賀県と滋賀経済同友会の共催によりまして、生物多様性に関する活動の表彰制度を立ち上げましたので、この場をお借りしまして、皆様に当該表彰制度について告知させて頂きたいと思います。皆様のお知り合い等で今回の表彰制度に関係のありそうな方がいらっしゃいましたら、お知らせいただけると幸いです。

 表彰制度の概要は以下のとおりです。

 表彰の対象となる活動

滋賀県内で取り組まれている生物多様性に関する活動のうち、企業とNPO・地域・行政・学校等の協働により行われている活動を表彰します。

○活動例

地産地消の取組、食育、生き物調査、自然観察会、エコツーリズム、希少動植物の保全、外来種の駆除、里山保全、エコマーク商品の購入、フェアトレード等

表彰

応募された活動の中から、地域の生物多様性への貢献が見られ、協働による生物多様性の活動で模範的なものと認められるものを数件程度選定し、滋賀県知事から賞状および副賞を授与します。

応募資格

滋賀県内で企業と協働して実施している生物多様性の活動に取り組まれている団体・組織(企業・NPO・地域・学校・行政等)が応募ください。一つの活動について、複数の団体・組織が参画されている場合は、代表団体が応募ください。

   滋賀県内の活動であれば、応募団体の所在は滋賀県内外を問いません。

○応募期間

   平成25年11月1日~平成25年12月20日

応募方法

応募用紙に必要事項をご記入の上、滋賀県自然環境保全課まで郵送もしくはEメールにてお送りください。

※応募用紙は滋賀県自然環境保全課ホームページからダウンロードできます。

  今回の表彰制度については、「表彰の対象となる活動」にありますとおり、企業との協働によって取り組まれている生物多様性に関する活動となっています。滋賀県と滋賀経済同友会が共催することから、活動の輪に企業が入っていることが求められますので、その点ご注意ください。滋賀県自然環境保全課のウェブサイトにも「しが生物多様性大賞」について掲載していますので、そちらもご覧ください。

しが生物多様性大賞URL

http://www.pref.shiga.lg.jp/d/shizenkankyo/tayosei_hyosyoseido/h251101_bosyu.html

 滋賀生物多様性大賞のお問い合わせはこちらまで

 ○滋賀県自然環境保全課

  担当 中西

  TEL 077-528-3487

  FAX 077-528-4846

11-12月「晩秋の2大紅葉ハイキング」

2013年11月3日

11・12月は、趣を変え伊吹山以外の山から紅葉を楽しみながら異なる自然や文化を探ります。

11/24(日)湖北の山城「小谷山(495m)への紅葉ハイク」
 信長の妹お市の方が嫁いだ戦国大名の浅井長政との悲劇の舞台として語られる小谷城 その小谷山に紅葉を求めて登ります。 城址からは信長軍が陣を布いた虎御前山、冬にオオワシが飛来する山本山、琵琶湖や竹生島、湖西の山並みを一望。 標高299mの本丸までは30分程度、その後頂上のある標高439mの大嶽(おおずく) までゆっくりと登ります。

12/1(日) 京都「大文字山(472m)から哲学の道へ」
 祇園祭とともにお盆の京都で夏の風物詩で有名な「大文字」送り火の大文字山(東山如意ケ嶽)へ。 JR山科駅から琵琶湖疎水に沿って登り、山頂から火床へ降りて京の都を眺めながらの昼食。 下山は日本の道百選に選ばれ近代日本の哲学者が歩いた「哲学の道」。 紅葉で有名な永観堂や南禅寺界隈から地下鉄の蹴上駅までの紅葉散策として歩きます。

・参加申込みは
伊吹山ネイチャーネットワーク

18 / 20« 先頭...10...1617181920