みんなの情報交換ページ

このページは、滋賀県内や琵琶湖淀川流域で活動する環境保全に関わるNPO等の団体や個人をはじめ、琵琶湖に関心をお持ちの方が誰でも自由に情報発信、情報収集していただけるページです。
「みんなの情報交換ページ」に情報が書き込まれると、ウェブサイト利用登録をしている団体や個人全員にメールで自動的に情報が発信されますので、例えば各団体等で計画されているイベント等を告知する際に大いに活用していただけます。また、ウェブサイト利用登録をしておけば、他の団体等が情報を書き込めば、自動的にメールで配信されるため、常に最新の情報を入手することができます。
閲覧はどなたでも可能ですが、新しい話題を投稿したり、既にある投稿にコメントするなどフォーラムのディスカッションに参加するには、ウェブサイト利用登録をしてください。

新しい話題を投稿する

詳しい投稿方法は「みんなの情報交換ページと活動カレンダー等のご利用方法」をご覧ください。

野村 俊夫 さんのアバター

投稿者 野村 俊夫

滋賀県レッドデータブック2015年版より 生きもの総合調査20周年記念フォーラム 「滋賀の生物多様性の現状と課題」を開催します

2017年10月11日

 フォーラムチラシ

滋賀県琵琶湖環境部自然環境保全課からのお知らせです。

滋賀県では、1997年度から始めた「生きもの総合調査」が20周年を迎え、その調査結果をまとめた『滋賀県で大切にすべき野生生物~滋賀県レッドデータブック2015年版』では、絶滅を危惧される掲載種は1,439種にも及び、既に県内から絶滅した種も15種となっています。

こうした厳しい現状にある滋賀県の野生動植物に対する理解と関心を深めてもらうために、「滋賀の生物多様性の現状と課題」と題し「生きもの総合調査20周年記念フォーラム」を下記のとおり開催します。

是非皆様、ご参加いただきますようお願いします。 

 

1 日時   平成29年(2017年)10月29日(日)13時00分~17時15分

2 場所   滋賀県立琵琶湖博物館ホール(草津市下物町1091)

3 主催   滋賀県生きもの総合調査委員会(※)、滋賀県

4 内容   上記チラシ参照 

5 費用   無料(博物館駐車場ご利用の方には無料券をお渡しします)

6 申込み  不要(会場先着200名) 

7 問合先  滋賀県琵琶湖環境部自然環境保全課  077-528-3483

 

※滋賀県生きもの総合調査委員会:小林圭介氏(滋賀県立大学名誉教授)を会長とし、植物部会・哺乳類部会・鳥類部会等9つの専門部会からなり85名の専門家である調査員が所属している。県からの委託を受け1997年度から毎年「生きもの総合調査」を継続して実施している。

運営委員会 さんのアバター

投稿者 運営委員会

活動カレンダーを更新しました

2017年10月11日

マザーレイクフォーラム運営委員会事務局です。活動カレンダーを更新しました。
ぜひご覧いただき、今後のお出かけや活動参加のご参考にしてください。
http://mlf.shiga.jp/calender
なお、本カレンダーは琵琶湖博物館環境学習センターが発行するメールマガジンから転載しています。ぜひこちらもご覧ください。
http://www.ecoloshiga.jp/09_merumaga/

野村 俊夫 さんのアバター

投稿者 野村 俊夫

「しが生物多様性大賞」を募集します

2017年10月6日

滋賀県自然環境保全課からのお知らせです。

 

滋賀県と滋賀経済同友会は共催により、生物多様性に関する活動を表彰しています。

企業部門(1つの企業が主体)、一般部門(1つのNPO・地域・学校・行政等が主体)、協働部門(複数の主体の協働)の3部門に分けて表彰します。

受賞者の方には滋賀県知事名の表彰状を授与します。

今年度でしが生物多様性大賞を終了しますので、皆様の積極的な応募をお待ちしております。

 

【募集期間】平成29年9月15日(金)~平成29年11月17日(金)

【応募対象】滋賀県内で実施されている生物多様性の活動

【応募方法】応募用紙に必要事項をご記入の上、滋賀県自然環境保全課まで郵送もしくはEメールにてお送りください。

【審査会】平成29年12月中旬~平成30年1月上旬

【表彰式】平成30年2月上旬

【お申込み・お問い合わせ】

 滋賀県琵琶湖環境部自然環境保全課 担当:野村

 TEL:077-528-3483 Eメール:dg00@ pref.shiga.lg.jp

【ホームページ】

URL:  http://www.pref.shiga.lg.jp/d/shizenkankyo/tayosei_hyosyoseido/shiga_biodiversity_award.html

運営委員会 さんのアバター

投稿者 運営委員会

活動カレンダーを更新しました

2017年9月19日

マザーレイクフォーラム運営委員会事務局です。活動カレンダーを更新しました。
ぜひご覧いただき、今後のお出かけや活動参加のご参考にしてください。
http://mlf.shiga.jp/calender
なお、本カレンダーは琵琶湖博物館環境学習センターが発行するメールマガジンから転載しています。ぜひこちらもご覧ください。
http://www.ecoloshiga.jp/09_merumaga/

フィールドワーク「水の守り人マップを作ろう!」参加者募集

2017年9月5日

【最終】チラシ0823-001

びわ湖放送が事務局を務め今年度から活動をスタートした【海と日本プロジェクトin滋賀県】から、
子ども達を対象にしたフィールドワークイベントへの参加者募集のお知らせです!
小学4年生~6年生とその保護者が対象です。
【参加無料・昼食付きのバスツアー】。皆様のご応募お待ちしております。

■イベント名 海と日本プロジェクトin滋賀県 水の守り人(もりびと)マップを作ろう!

■実施日   平成29年9月24日(日)、9月30日(土)、10月7日(土)、10月21日(土)

■実施内容  水源の森から琵琶湖、淀川、海へと「水の道」をめぐり、それぞれの場所で水を守る
         「守り人(もりびと)」に話を聞くことで、水を守る大切さを学ぶフィールドワークを実施する合計4日間の
         バスツアーです。学んだことを「水の守り人マップ」にまとめます。
         イベントの模様は後日びわ湖放送で放映します。

■対象    滋賀県内の小学生(4・5・6年生)とその保護者 40

■申込締切  平成29年9月8日(金) (但し、定員になり次第締め切ります)

■申込方法  びわ湖放送ホームページの専用応募フォームからお申し込みください。

http://bbc-tv.co.jp/moribito/

■問い合わせ 海と日本プロジェクトin滋賀県事務局(びわ湖放送内)

          TEL:077-524-0153

■主催        海と日本プロジェクトin滋賀県実行委員会

■事業運営     びわ湖放送株式会社

■後援        滋賀県 滋賀県教育委員会

野村 俊夫 さんのアバター

投稿者 野村 俊夫

フォーラム:自然の恵みを受け継ぐために 「関西の活かしたい自然エリア」の活用を考えるの開催について

2017年9月4日

関西広域連合広域環境保全局(滋賀県琵琶湖環境部自然環境保全課)からのお知らせです。

関西広域連合では、森・川・海のつながりを重視し、府県域を越えた広域的な視点に立ち、生物多様性保全上重要な地域として、23区域にわたる「関西の活かしたい自然エリア」を選定し、公表しました(平成28年11月17日)

http://www.kouiki-kansai.jp/contents.php?id=46

 

この「関西の活かしたい自然エリア」について、多くの方に知っていただき、その保全、活用について考えていただくためのフォーラムを開催いたします。

是非皆様、ご参加いただきますようお願いします。 

 

1 日時   平成29年(2017年)9月23日(土)13時30分~16時45分(会場13時)

2 場所   川西市みつなかホール(兵庫県川西市小花2-7-2)

3 定員   200名

4 対象者  どなたでも

5 費用   無料

6 主催   関西広域連合

7 申込み方法  9月20日(水)までに以下のURLに記載の連絡先に事前予約

8 プログラム内容等  以下のURLをご参照下さい

http://www.kouiki-kansai.jp/data_upload05/1504009934.pdf

 

運営委員会 さんのアバター

投稿者 運営委員会

活動カレンダーを更新しました

2017年9月4日

マザーレイクフォーラム運営委員会事務局です。活動カレンダーを更新しました。
ぜひご覧いただき、今後のお出かけや活動参加のご参考にしてください。
http://mlf.shiga.jp/calender
なお、本カレンダーは琵琶湖博物館環境学習センターが発行するメールマガジンから転載しています。ぜひこちらもご覧ください。
http://www.ecoloshiga.jp/09_merumaga/

第13回環境市民活動助成金セミナー NPOの資金調達丸わかりセミナー

2017年9月1日

第13回 環境市民活動助成金セミナー 
NPOの資金調達 まるわかりセミナー
2017.10.14 10:00~16:30 @大阪産業創造館
開催のお知らせ

jyoseikinchirashi_17omote jyoseikinchirashi_17ura

多様な活動を支援する助成制度や新しい資金調達法を、一日で知るチャンス。

自分の団体の未来の活動をカタチにし継続するために、

団体に適した制度をみつけて一歩前に踏み出しましょう。

       申込フォーム http://kokucheese.com/event/index/481418/
       チラシ      http://img01.ecgo.jp/usr/econet/img/170821193020.pdf
ご参加いただくと…
  ◎WEBや応募要項では得られない情報を、直接聞くことができます。
  ◎一度に複数の助成制度を聞くことができるので、比較検討できます。
  ◎参加者同士、日ごろは聞けないおカネの話を共有することができます。
  ◎助成財団同士の情報交流の場としても大変喜ばれています。
  ◎エコネット近畿作成「環境分野助成制度一覧2017」を配布いたします。
    ( 昨年掲載数 環境系 107制度 )
  ◎資金調達以外のNPOのおこまりごともおうかがいしています!
 
<目 的>
  • 多様な「資金調達法」についての最新情報を得て理解を深める。
  • 「助成金の活用事例」から、助成財団と協働の進め方を学ぶ
  • 持続経営のために、個々の団体に適した「資金調達法」を見出す機会とする。
<開催概要>
日  時: 2017年10月14日(土)10:00~16:30 (開場 9:45~)
場  所: 大阪産業創造館(大阪府大阪市)研修室 A・B・C
      アクセスmap  https://www.sansokan.jp/map/
対  象: 助成金活用で活動をステップアップしようと考えておられる団体 
定  員: 先着 50 名
参加費 : 一般 1000 円、エコネット近畿 会員 500 円 (当日入会可・会員割引適用)
主  催: NPO法人 エコネット近畿、一般財団法人 セブン-イレブン記念財団
協  力: 社会福祉法人 大阪ボランティア協会
後  援: 大阪府、大阪市

<内 容>
○第1部  資金調達の新しい流れに関する情報提供 / 助成申請書の書き方講座
○第2部  助成制度活用事例紹介~採択団体と助成財団の2つの視点から~
○第3部  各助成団体との個別相談(12 団体予定)

<参加助成財団・団体>
第1部 第1部 新しい流れと書き方講座 3 団体
   <資金調達の新しい流れ>
        ・[クラウドファンディング] 株式会社Campfire
        ・「遺贈寄付」 税理士 江波千佳氏(全国レガシ―ギフト協会理事)
        ・「プロボノによるNPO支援」 認定NPO法人 サービスグラント
     コーディネーター:正阿彌崇子さん(准認定ファンドレーザー)
   <初めての助成申請書の書き方講座>
   ・大阪府 馬場恵子氏 (大阪府環境農林水産部)
   ・一般財団法人 セブン-イレブン記念財団 小野弘人氏(セブン-イレブン記念財団)

第2部 環境市民活動助成金セミナー 10 団体
   ・一般財団法人 セブン-イレブン記念財団 「2018年度環境市民活動助成
          (採択団体事例発表) 大阪湾沿岸域環境創造研究センター
   ・認定NPO法人 瀬戸内オリーブ基金 「ゆたかなふるさと助成(スタートアップ分野)
    (採択団体事例発表) NPO法人 ひとともりデザイン研究所 
   ・独立行政法人 環境再生保全機構 「地球環境基金
   ・公益財団法人 国際花と緑の博覧会記念協会 「国際花と緑の博覧会記念協会助成
   ・公益財団法人 損保ジャパン日本興亜環境財団 「環境保全プロジェクト助成
   ・全国労働者共済生活協同組合連合会 「全労済地域貢献助成事業
   ・積水ハウス 株式会社 「積水ハウスマッチングプログラム」
   ・トヨタ自動車 株式会社 「トヨタ環境活動助成プログラム
   ・阪急阪神ホールディングス 株式会社 「阪急阪神未来のゆめ・まち基金
   ・大阪府大阪府環境保全活動補助事業
         「地域活動を広げる府民協働発電補助事業

第3部 個別質問会 12団体(予定)
        時間内で助成財団のブース(12団体参加)をまわり、個別に直接、何団体でも担当者に
   質問ができます。

<プログラム>
10:00~ 第1部 新しい流れと書き方講座 (2つの講座から1つ選択してください)
       (1)資金調達の新しい流れ(研修室A/B )
         「クラウドファンディング」「遺贈寄付」「プロボノ」        
       (2)初めての助成申請書の書き方講座(研修室C )

12:10~ お昼休憩 (50分)
        *研修室A/B は、飲食可です。ごみは各自お持ち帰りください。
13:00~ 第2部 環境市民活動助成金セミナー (研修室A/B )
       (1)事例発表 助成財団 ×採択団体 (2 事例)
               過去の採択事例を2つの視点から伺います。
        *助成財団:採択の決め手はココ!
        *採択団体:活用事例、経験談。
       (2)助成制度説明 (8 団体)
         各助成制度の特徴、審査基準など、応募要項やWEBではわからないポイント
         を助成財団担当者がお伝えします。
14:40~ 休憩 (30分)
15:10~ 個別質問会 
        会場内に、助成財団ごとのブース(参加予定 12団体)を設けています。
        各助成財団の担当者に、時間内で、直接、個別に何度でも質問ができます。
 
<お申込み・お問合せ> エコネット近畿 事務局 (http://econetkinki.org

申込フォーム http://kokucheese.com/event/index/481418/
電話:06-6881-1133 FAX:06-6949-8288
E-mail:yoyaku★econetkinki.org (★を@に変換して送信ください)
チラシ 

-★- — – — – — – —-★– — – — – —-★ 必要事項 ★– — – — – —-★- — – — – — – —-★

  (1)お名前:
  (2)所属団体・組織・企業名 :
  (3)会員種別: 一般 / 会員 / 入会希望 *
  (4)住所 :
  (5)電話番号 :
 (6)FAX:
  (7)Eメールアドレス :
 (8)第1部の参加講座を1つ選択してください   
   資金調達の新しい流れ / 申請書の書き方講座
  (9)今までに申請したことが・・・
      申請したことがあり、採択された / 申請したことがある / 申請したことがない
  (10)アンケート
      ・セミナー開催情報はごこから入手しましたか?(団体名   )
      ・どのような形で入手しましたか?
    ホームページ / DM /メールマガジン/チラシ/フェイスブック / 新聞 / 紹介 / その他

* 申込時の入会で、会員割引特典が受けられます。 (~3/31まで開催のセミナー)
  エコネット近畿 10月入会 年会費 : 正会員 1500円、賛助会員 1000円

 ★– — – — – — – —-★- — – — – — – —-★– — – — – — – —-★- — – — – — – —-★

   助成金セミナーは、セブン-イレブン記念財団の助成を受け開催いたします。
    セブン-イレブン記念財団 2018年度「環境市民活動助成」のお知らせ
    ■応募受付期間2017年11月1日(水)~30日(木)となります。
    ■応募要項2017年9月1日(金)からホームページに掲載します。
             http://www.7midori.org/josei/

野村 俊夫 さんのアバター

投稿者 野村 俊夫

生物多様性アクション大賞2017の募集開始

2017年8月9日

滋賀県琵琶湖環境部自然環境保全課からのお知らせです。

「生物多様性アクション大賞2017」の募集が7月15日より始まり、9月18日まで募集されていますので、お知らせいたします。

日本国内に活動拠点があり生物多様性につながるような取組を行っている方でしたら、団体、個人を問わず応募可能です。

これまでに滋賀県内の取り組みが多数受賞しておりますので、積極的なご応募をお願いします。

(ご参照:アクション大賞チラシhttp://5actions.jp/award2017/award2017.pdf

ご不明な点がございましたら下記連絡先あるいは滋賀県自然環境保全課(077-528-3483)までご連絡下さい。

以下、生物多様性アクション大賞の詳細です。

『生物多様性アクション大賞』は、
「国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)」の主催事業として
全国各地で行われている生物多様性の保全や持続可能な利用に
つながる活動を募り表彰するもので、今年で5回目の開催となります。

具体的にはUNDB-Jが推進する
「MY行動宣言5つのアクション」に基づき
「たべよう部門」「ふれよう部門」「つたえよう部門」
「まもろう部門」「えらぼう部門」の5部門で活動を募集。
各部門で優秀賞を選定します。

さらに、今回は環境大臣賞、農林水産大臣賞を創設し、
優秀賞受賞者によるプレゼンテーションを経て両大臣賞を決定します。

●各賞・活動支援金●
環境大臣賞  :30万円(優秀賞から1組)
農林水産大臣賞:30万円(優秀賞から1組)
各部門優秀賞 :5万円(各部門1組)
復興支援賞  :20万円 など詳しくはWEBサイトをご覧ください。
※活動支援金はUNDB-Jより贈られます。

また、今年も「生物多様性アクション大賞2017アンバサダー」
として生物多様性リーダーのさかなクンに就任していただきました!

生物多様性という言葉には、ちょっと難しいイメージがありますが
たとえば、
地産地消で旬の食材を使う食堂(たべよう)、
海や川、山での自然体験(ふれよう)、
美しい自然や生きものの姿を写真で表現(つたえよう)、
地域に残る伝統文化の保存(まもろう)、
環境に配慮した商品開発(えらぼう)なども
5つのアクションを切り口に考えると生物多様性の保全と
持続可能な利用につながる活動です。

過去の受賞活動はウェブサイトに掲載されていますので
ご応募の際は参考にぜひご覧ください。
今年もたくさんのご応募をお待ちしています!

詳細は下記「生物多様性アクション大賞」特設ページをご覧ください。
http://5actions.jp/award/

▼Facebookページでも最新情報を発信しています
https://www.facebook.com/5actions.award

―――――――――――――――――――――――――――――――――

◎選考スケジュール(予定)
募集期間:2017年7月15日(土)~2017年9月18日(月・祝)
一次審査:2017年10月初旬
二次審査:2017年10月下旬
各賞受賞発表:2017年11月
授賞式:2017年12月8日(金)
大賞受賞者プレゼンテーション:2017年12月9日(土)


応募方法
「生物多様性アクション大賞」ホームページより応募
http://5actions.jp/award/
※WEBフォームからのみの受付となります※
―――――――――――――――――――――――――――――――――

ご質問等ございましたら下記までお問い合わせください。
===========================
お問い合わせ先:生物多様性アクション大賞
事務局
担当:木村
e-mail:award@cepajapan.org
URL:http://5actions.jp/award/
===========================

野村 俊夫 さんのアバター

投稿者 野村 俊夫

10月8日、9日開催 自然観察指導員講習会

2017年8月8日

滋賀県琵琶湖環境部自然環境保全課から滋賀県内で開催される「自然観察指導員講習会」のお知らせです。

NACS-J「自然観察指導員」は地域に根差した自然観察会を通じて自然を守る仲間を増やし、自然を守るボランティアリーダーです。これまでに全国で約29,000人の方が登録されています。

滋賀県の豊かな自然を多くの方に伝えるためにも、自然観察の手法を身に付けることができる「自然観察指導員講習会」に是非ご参加下さい。 

 

1 日時   平成29年(2017年)10月8日(日)~9日(月)

2 場所   滋賀県希望が丘文化公園 (滋賀県蒲生郡竜王町薬師1178)

3 定員   60名

4 対象者  満18歳以上で、1泊2日の全プログラムを受講できる方

5 費用   25,000円(NACS-J会員は20,000円)

6 主催   公益財団法人日本自然保護協会(NACS-J)

7 申込み方法  8月21日(月)~9月11日(月)の間にウェブまたは郵送により申込み(詳細は以下のURL参照)

8 プログラム内容  以下のURLをご参照下さい

http://www.nacsj.or.jp/education/seminar/schedule/no529/

 

1 / 1812345...10...最後 »